猪瀬都知事辞職表明・仁坂知事「よかった」

2013年12月19日 18時50分 ニュース, 事件・事故・裁判, 政治, 社会

医療法人・徳洲会(とくしゅうかい)グループから5000万円を受け取っていた東京都の猪瀬直樹(いのせ・なおき)知事が、きょう(19日)午前、辞職を表明したことについて、和歌山県の仁坂吉伸(にさか・よしのぶ)知事は、「辞職を決めたのはよかったと思う」とコメントしました。

仁坂知事は、きょう開かれた12月定例県議会の本会議終了後、県庁で記者団の質問に答え、猪瀬知事が辞職を表明したことについて「いち日本国民として見ていると、東京都のような日本の顔となる知事がああいった状態ではかなわない。具体的な中身は知らないが、辞職を決めたのはよかったと思う」とコメントしました。

猪瀬知事は、徳洲会グループから5000万円を受け取ったことを巡って、12月定例都議会で連日厳しく追求され、釈明を二転三転したほか、強い法的権限を持つ「百条委員会」の設置を突きつけられ、窮地に追い込まれるなか、前の都知事で、日本(にっぽん)維新の会の石原慎太郎(いしはら・しんたろう)共同代表からも辞職を求められ、きょう(19日)辞職を表明したものです。