外資系保険代理店のコールセンターが和歌山市に進出

2013年12月24日 19時22分 ニュース, 政治, 社会, 経済

東京に本社がある外資系の保険総合代理店が、和歌山市中之島(なかのしま)のビルにコールセンターを開設することになり、きょう(24日)午後、和歌山県庁で進出協定の調印式が行われました。

和歌山市にコールセンターを開設するのは、東京都新宿区に本社のある外資系の保険総合代理店・株式会社ニュートン・フィナンシャル・コンサルティングです。

医療保険や損害保険の総合代理店事業を展開していて今回、保険事業の拡大に対応する新たな拠点として、和歌山市中之島の中之島801ビルの7階にコールセンターを開くことになりました。

投資額はおよそ6400万円で、今後3年間で200人を雇用する予定です。

きょう午後3時から県庁の知事室で開かれた進出協定の調印式で、仁坂吉伸知事と、ニュートン・フィナンシャル・コンサルティングの山岸英樹代表取締役が協定書にサインし、進出を祝いました。