灯油とガソリンを混入し販売 橋本市ガソリンスタンド

2013年12月27日 19時15分 ニュース, 社会

橋本市のガソリンスタンドできのう(12/26)夕方、ガソリンと灯油を入れ間違えて販売していたことがわかり、警察と消防が注意を呼びかけています。

橋本警察署と橋本市消防本部によりますと、きのう午後4時12分から午後6時40分までの間に、橋本市あやの台にある小浦石油セルフ橋本彩の台サービスステーションで、ガソリンを灯油として、灯油をガソリンとしてそれぞれ販売したということです。

橋本市のこのガソリンスタンドで灯油を買った住民から「ガソリンのような臭いがする」という通報を受けた警察と消防が調べたところ、きのう夕方、タンクローリーから給油タンクに移した際、ガソリンと灯油を入れ間違えていたことがわかりました。

ガソリンと灯油がそれぞれのタンクの中で混ざった状態になったため、ガソリンスタンドでは、販売を中止して、ガソリンと灯油が混ざった、きのうの午後4時12分から販売を中止した午後6時40分までの間に、このガソリンスタンドで灯油などを購入した人たちに、使用せず、窓口に連絡してくれるよう呼びかけています。

消防によりますと、ガソリンを灯油として購入したのは21人で、あわせて610リットル、灯油をガソリンとして購入したのは82人で、あわせて2043リットルでした。

小浦石油によりますと、きょう(27日)午後7時現在、ガソリンが混ざった灯油についてはすべて回収したということです。

車に灯油を給油した場合、車が急に止まったりする可能性があるということで、消防では、購入した心当たりのある人は、小浦石油セルフ橋本彩の台サービスステーション、電話0736・34・8410、または小浦石油、電話06-6632-3000、もしくは橋本市消防本部、0736・33・0119まで問い合わせて欲しいと呼びかけています。