2013→2014、和歌山年越しイベント

2013年12月29日 18時26分 ニュース, 社会

和歌山マリーナシティや白良浜(しららはま)海水浴場では、大晦日(おおみそか)の31日、恒例のカウントダウンや花火で、新しい年、2014年を迎えます。

和歌山市の和歌山マリーナシティでは、大晦日の午後7時から「ニューイヤーズカウントダウン2014」を開催、ラップシンガーソングライターのSEAMO(シーモ)をメインゲストに、ウインズなど和歌山のミュージシャンらが、次々にステージをつとめ、2013年のラストを盛り上げます。

そして、観客とともにカウントダウンで2014年を迎え、午前0時40分から、新年の幕開け祝う恒例の音楽と花火のショー「スターライトイリュージョン2014シンフォニー」が行われ、荘厳なクラシックなどの音楽に合わせて、およそ6000発の花火が集中的打ち上げられることになっています。

一方、白浜町の白良浜海水浴場でも、年越しのカウントダウン花火が行われます。
これは、白浜町商工会青年部が、観光客らとともに白浜での年越しを盛り上げようと毎年行っています。ことしは大晦日の午後10時半から、年越しそば1000食が振る舞われ、午前0時を期して花火を打ち上げ、新年を祝います。