田辺市で新春恒例の初泳ぎ、150人が元気に海へ

2014年01月02日 14時36分 ニュース

田辺市内の海水浴場で、きょう(2日)、新春恒例となる「初泳ぎ」が行われ、およそ150人が、寒さに負けず、勢いよく海に飛び込みました。

「初泳ぎ」が行われたのは田辺市の扇ヶ浜(おうぎがはま)海水浴場で、地元の高校の水泳部OBらでつくる田辺水泳協会が主催、今年で88回を数えます。

快晴となったきょうは気温8度、水温13度で、4歳の女の子から81歳の男性まで、参加者およそ150人は入念に準備体操をしてから、一斉に海に駆け込み、「寒い」「冷たい」と声を上げながら、水を掛け合うなどしていました。

田辺市上秋津出身の俳優、小西博之(こにし・ひろゆき)さん54歳も去年(2013年)に続いて参加し「これを機に、ことしも一年間、元気に活躍していきたい」と話していました。