写真展「紀伊山地の霊場と参詣道」 きょう(7日)から紀陽銀行東和歌山支店で開催

2014年01月07日 19時02分 ニュース, 社会

「紀伊山地の霊場と参詣道」が、ことし(2014年)7月で世界遺産登録10周年を迎えるのを前に、紀陽銀行東和歌山支店で、きょう(7日)から写真展「紀伊山地の霊場と参詣道」が開かれています。

展示されている写真(1月7日 紀陽銀行東和歌山支店にて)

展示されている写真(1月7日 紀陽銀行東和歌山支店にて)

この写真展は銀行の利用客に写真を通じ和歌山県内の世界遺産に注目してもらおうと和歌山市に本店がある紀陽銀行が先月2日から本店を皮切りに順次開催しているもので、東和歌山支店での開催は3店舗目です。

今回は「大斎原の虹」など海南市出身のアマチュアカメラマン大上敬史(おおうえ・たかし)さんが撮影した写真9枚が展示されています。

紀陽銀行では、今後岩出や田辺など4つの支店でも順次この写真展を開催していくことにしています。