上富田町長選も無投票で現職の小出氏が5選(写真付)

2014年01月21日 19時15分 ニュース, 政治, 社会

任期満了に伴う上富田(かみとんだ)町長選挙が、きょう(21日)告示され、現職の小出隆道(こいで・たかみち)氏67歳が無投票で5回目の当選を果たしました。

小出町長(右から4人目)万歳

バンザイする小出氏(右から4人目)

任期満了に伴う上富田町長選挙に立候補したのは、現職の小出氏だけで、他に立候補の届け出はなく、小出氏の5期連続の無投票当選が決まりました。

当選した小出氏は、1965年(昭和40年)、上富田町の職員に採用され、総務部企画財政課長や建設部長などを歴任しました。

そして、1998年(平成10年)に町長に初当選して以来、5期連続での無投票当選となりました。

5選を果たした小出氏は、上富田町内の選挙事務所で共同インタビューに応じ、「5期連続の無投票当選は、私だけでなく、役場全体が町民から認められている結果だ。メガソーラーの誘致など、若者が働ける場所を造って所得を増やし、教育力も高めたい」と抱負を述べました。

共同インタビューを受ける小出氏

共同インタビューを受ける小出氏

お孫さんたちから花束を受け取る小出町長

孫から花束を受け取る小出氏

上富田町の町長が無投票で決まるのは、小出町長を含めて、これで10期連続です。