「第5回馬とのふれあい体験会」和歌山市で26日開催

2014年01月23日 17時43分 ニュース, 社会

ポニーやサラブレッドの背中に乗れる乗馬体験会が、今月(1月)26日、和歌山市の松江緑地(まつえりょくち)多目的運動広場で開かれます。

これは、和歌山県・スポーツ振興財団の主催、ライディングクラブ・グリーンオアシスの共催、県・馬術連盟の後援で開かれるもので、今回で5回目となります。

体験会は午前10時に始まり、インストラクターが馬について説明したあと、模範乗馬を披露します。

続いて10時40分からは、参加者がポニーとサラブレッドの背中に乗って、インストラクターが綱を引いて馬を歩かせる乗馬体験が行われます。

ポニーに乗れるのは4歳以上、サラブレッドに乗れるのは小学生以上で、参加費は、いずれも保険料込みでポニーが500円、サラブレッドが800円です。見学のみの場合は無料です。

受付は、体験会開始前の午前9時半から現地で行われ、ポニーとサラブレッドいずれのコースも定員は先着30人までです。

県スポーツ振興財団・河西緩衝緑地管理事務所の小山克彦(こやま・かつひこ)副所長は「うま年にふさわしい催しです。お馬さんとふれあって下さい」と呼びかけています。

「第5回馬とのふれあい体験会」は、今月26日の午前10時から、和歌山市の新日鐵住金和歌山製鉄所・北門東隣りの松江緑地多目的運動広場で行われます。乗馬体験の受付は午前9時半からです。

詳しくは、河西緩衝緑地管理事務所まで問い合わせてください。

電話番号は073(451)8355です。