勝浦漁港で「まぐろ祭り」

2014年01月25日 13時42分 ニュース, 社会, 経済

近海マグロの水揚げ量で国内有数の規模を誇る、那智勝浦町の勝浦漁港で、きょう(25日)恒例の「まぐろ祭り」が開かれ、1万人以上の観光客らで賑わいました。

祭りの会場では、水揚げされたキハダマグロやビンチョウマグロなど、およそ3トンが用意されました。新鮮なまぐろの切り身がお店の半額近くで販売されるとあって、開始から2時間で売り切れる盛況ぶりでした。また、刺身や大鍋で炊いた地元料理の「まぐろ汁」も振る舞われ、長い列ができていました。

愛知県高浜市から訪れた人は「ビンチョウがもちもちしていておいしい。帰ったら知人に分けたい」と話していました。