有田川町長選・現職中山氏が無投票3選(写真付)

2014年01月28日 18時08分 ニュース, 政治

任期満了に伴う有田川(ありだがわ)町長選挙が、きょう(28日)告示され、無所属の現職・中山正隆(なかやま・まさたか)氏69歳のほかに立候補者は無く、無投票で中山氏の3選が決まりました。

当選のあいさつをする中山町長(左)

当選のあいさつをする中山町長(左)

当選した中山氏は、旧・吉備町議会議員や町長を経て、2006年2月、合併で誕生した有田川町長選挙と、2010年1月の前回の町長選挙でそれぞれ当選し、現在2期目です。

これまでに、旧吉備町・金屋町・清水町の合併協議会会長や、和歌山県町村会会長を歴任しています。

当選を決めた中山氏は、きょう夕方、有田川町内の選挙事務所で支持者らにあいさつし「無投票になったのは、8年間の町政を町民が高く評価してくれた結果だ。町民の皆さんの防災意識を高め、町内の自主防災組織の立ち上げを完了させるとともに、二川(ふたがわ)ダムに町が運営する水力発電所を設置し、二酸化炭素の削減など環境面にも貢献したい」と町政3期目の抱負を語りました。