和歌山市の介護施設 今朝も1人が低血糖で搬送

2014年02月05日 18時09分 ニュース, 事件・事故・裁判

入所者4人が原因不明の低血糖で病院に搬送され、警察が強制捜査に入った和歌山市の介護老人保健施設で、今朝(5日)、新たに、入所している90歳の女性が、低血糖で病院に搬送されていたことがわかりました。

施設を監督する和歌山市などによりますと、今朝7時頃、入所している90歳の女性が、軽い低血糖の状態になっているのが見つかり、病院に搬送されました。

女性は、病院で治療を受けた後、入院はせず、施設に戻ったということです。

この施設では、去年12月から今月にかけて入所している4人の男女が原因不明の低血糖で病院に搬送されていて、きょうの女性で5人目となります。

和歌山東警察署は、きょうも引き続き、施設の家宅捜索を行いましたが、女性が搬送されたのは、捜索が始まる2時間前でした。