和大など近畿の13国立大が災害支援協定

2014年02月11日 18時00分 ニュース, 社会, 防災

和歌山大学や京都大学、大阪大学や神戸大学など近畿にある13の国立大学法人が大規模災害の際、相互に職員を派遣したり、物資を提供したりする支援協定を結びました。

これは、災害の発生で、研究活動に支障が出た場合や大学運営が継続できない事態を想定したもので、協定では、被災した大学の求めに応じ、教育・研究活動の復旧や再開のため教職員を派遣するほか、食料や飲料水、それに防災用具を送り届けます。

また、平時から物資の備蓄状況など、災害対策についての情報交換を活発に行うことも確認しました。

公立大学の間で同様の協定は、東北と中国・四国、九州の3ブロックですでに結ばれているということです。