和歌山市が国体ボランティアに配布するオリジナル缶バッヂを制作(写真付)

2014年02月12日 19時12分 ニュース, 社会

来年(2015年)開催される紀の国わかやま国体、紀の国わかやま大会のボランティアに配布するオリジナル缶バッヂが完成し、きょう(12日)、お披露目されました。

新しく作られたボランティア用缶バッヂ(和歌山市提供)

新しく作られたボランティア用缶バッヂ(和歌山市提供)

この缶バッヂは、和歌山市が、国体ボランティアに登録してくれた市民に配布するもので、カバンなどに付けることで、国体やボランティア登録をPRしようと作られました。

缶バッヂは直径5・5センチの黄緑色で、国体マスコットキャラクターの「きぃちゃん」がピンク色のハートを持ったデザインです。

和歌山市国体総務課は「ボランティアに登録して、かわいいきぃちゃんの缶バッヂを手に入れて欲しいです。」と話していました。

新しく制作されたボランティア用缶バッヂ(和歌山市提供)

新しく制作されたボランティア用缶バッヂ(和歌山市提供)

和歌山市には先月(1月)末現在、およそ320人の市民がボランティア登録していますが、目標の2015人にはほど遠く、多くの市民にボランティアへの登録を呼びかけています。

ボランティアの仕事としては、会場の整理や選手・来場者の案内などが予定されています。