「第32回物流セミナー」 トラック輸送の理解を求める(写真付)

2014年02月14日 18時04分 ニュース, 交通, 社会

トラック輸送の理解を深める「第32回物流セミナー」がきょう(14日)午後、和歌山市で開かれ、俳優の津川雅彦さんが講演しました。

セミナーで講演する津川雅彦さん(2月14日 和歌山市民会館にて)

セミナーで講演する津川雅彦さん(2月14日 和歌山市民会館にて)

このイベントは、国内の物流のおよそ9割を占めるトラック輸送に対する理解を深めてもらおうと、和歌山県トラック協会などが主催して毎年行っているものです。

きょう午後4時前から和歌山市民会館小ホールで行われたセミナーには、県内の物流関係者らおよそ300人が集まりました。

挨拶をする龍田会長(2月14日 和歌山市民会館にて)

挨拶をする龍田会長(2月14日 和歌山市民会館にて)

セミナーの冒頭、県トラック協会の龍田潤三(たつた・じゅんぞう)会長が挨拶し、「トラックは国民生活と直結していて、身体で例えると血液のようなものです。燃料の高騰などで苦しい面もあるが、トラック運送が理解してもらえる様、一生懸命努力していきたいです。」と話しました。

この後、俳優の津川雅彦(つがわ・まさひこ)さんが講演し、俳優業の裏側を、ユーモアを交えつつ紹介し、参加者の興味を誘っていました。