県市町村対抗ジュニア駅伝 田辺市が連覇果たす(写真付)

2014年02月16日 17時04分 ニュース

小・中学生ランナーがタスキをつなぐ「第13回和歌山県市町村対抗ジュニア駅伝」が、きょう(2/16)、和歌山市内で開かれ、田辺市チームがトップでゴールし、大会二連覇を果たしました。

ジュニア駅伝は、和歌山市の県営紀三井寺陸上競技場から県庁前までの10区間21・1キロのコースで争われ、北山村をのぞく県内29の市と町の代表チームとオープンチームあわせて45チームが参加しました。

レースは、きょう午前11時、和歌山県の仁坂吉伸(にさか・よしのぶ)知事の号砲を合図にスタート、序盤の3区までは、海南市が1位でたすきをつなぎ、和歌山市と田辺市が追う三つ巴の展開となりました。

しかし、4区以降、和歌山市が徐々に遅れ始め、5区、6区と海南市が田辺市を10秒ほどリードする展開で、一騎打ちによるトップ争いとなりました。

そして、7区で田辺市が海南市を抜いてトップに立ち、そのまま1位でたすきをつなぎ、最後は、2位の海南市に、およそ1分半の大差をつけて1時間10分7秒でゴールし、去年の大会に続いて2年連続2回目の優勝を果たしました。

2位は海南市、3位は和歌山市でした。

仁坂知事から表彰される田辺市チームの選手ら(2月16日・和歌山県民文化会館にて)

仁坂知事から表彰される田辺市チームの選手ら(2月16日・和歌山県民文化会館にて)

優勝した田辺市は、第4区と、6区から10区までのあわせて6区間で区間賞を獲る圧倒的な速さで海南市の追随を許しませんでした。

なお区間賞は、1区が海南市の松尾拓実(まつお・たくみ)選手、2区が田辺市オープンAの和田(わだ)あすか選手、3区が和歌山市の福岡真悠莉(ふくおか・まゆり)選手、4区が田辺市の橋本晴圭(はしもと・はるか)選手、5区が紀美野町の樋瀬光稀(ひせ・こうき)選手、6区が田辺市の山本千聖(やまもと・ちせ)選手、7区が田辺市の井澗翔太(いたに・しょうた)選手、8区が田辺市の野村蒼(のむら・あおい)選手、9区が田辺市の井澗洸太(いたに・こうた)選手、10区が田辺市の大西昴星(おおにし・こうせい)選手でした。

このうち、7区の小学生男子、田辺市の井澗翔太(いたに・しょうた)選手が1・7キロを6分ちょうどで走って区間新記録となりました。

また、チームの総合成績がこれまでの記録を上回った場合に贈られる市町村新記録は、該当チームがありませんでした。


第13回和歌山県市町村対抗ジュニア駅伝
総合順位 チーム名 タイム
1 田辺市 1:10:07
2 海南市 1:11:46
3 和歌山市 1:12:46
4 紀の川市 1:13:44
5 かつらぎ町 1:14:06
6 岩出市 1:14:10
7 御坊市 1:14:12
8 紀美野町 1:14:43
9 みなべ町 1:15:09
10 有田市 1:15:12
11 日高川町 1:15:24
12 串本町 1:15:52
13 印南町 1:15:59
14 橋本市 1:16:14
15 有田川町 1:16:22
16 広川町 1:16:23
17 美浜町 1:16:34
18 白浜町 1:16:40
19 新宮市 1:17:55
20 日高町 1:18:14
21 上富田町 1:18:29
22 湯浅町 1:19:31
23 由良町 1:20:49
24 九度山町 1:21:30
25 那智勝浦町 1:22:10
26 古座川町 1:22:37
27 すさみ町 1:22:55
28 高野町 1:24:15
29 太地町 1:26:21
田辺市OP・A 1:13:13
海南市OP・A 1:13:36
田辺市OP・B 1:13:48
和歌山市OP・A 1:14:32
海南市OP・B 1:16:34
和歌山市OP・B 1:16:39
紀の川市OP 1:17:58
有田市OP 1:18:02
紀美野町OP 1:18:18
有田川町OP 1:18:31
岩出市OP 1:19:58
串本町OP 1:20:15
橋本市OP 1:20:33
新宮市OP 1:21:53
日高川町OP 1:22:02
上富田町OP 1:28:08
※オープン参加チームは総合順位の対象外です