新しい情報通信技術などを紹介する展示会 参加者は興味津々の様子

2014年02月19日 18時59分 ニュース, 社会

情報通信技術やオフィス環境を効率化させるための商品を紹介する展示会がきょう(19日)、和歌山市で始まりました。

この展示会は、スマートフォンを使った新しい情報通信技術やオフィス環境を効率化させるための商品に直接触れてもらおうとNTT西日本和歌山支店が毎年行っているものです。

きょう午前10時から和歌山市美園町のJAビル2階で行われた展示会には、企業の担当者らが訪れ、NTT西日本の担当者から熱心に商品の説明を受けていました。

NTT西日本和歌山支社によりますと、ことし(2014年)は例年に比べてスマートフォンを使った情報通信技術の紹介が多いほか、南海トラフ巨大地震をはじめとする大災害に対応するための商品も展示されているということです。

NTT西日本和歌山支店ビジネス営業部の戸水大助(とみず・だいすけ)部長は「新しい情報機器や情報通信技術などを通じてお客様に貢献したいと思っているので、ぜひ現場で見てほしいです。」と話していました。

この展示会は、あすも行われます。