民主党県連 和歌山市長選挙は尾花氏推薦(写真付)

2014年02月22日 13時41分 ニュース, 政治

ことし(2014年)8月に行われる予定の和歌山市長選挙について、民主党和歌山県連は前の和歌山県県土整備部長・尾花正啓(おばな・まさひろ)氏60歳を推薦することを決めました。

記者会見を行う岸本衆議院議員(左)と尾花氏(2月22日 和歌山市勤労者総合センターにて)

記者会見を行う岸本衆議院議員(左)と尾花氏(2月22日 和歌山市勤労者総合センターにて)

これはきょう(22日)午前9時から和歌山市西汀丁の和歌山市勤労者総合センターで開かれた民主党和歌山県連の常任幹事会で決まったものです。

常任幹事会のあと、県連代表の岸本周平(きしもと・しゅうへい)衆議院議員が、尾花氏も同席した記者会見で「行政官としてのこれまでの経歴と支持母体である連合和歌山との共同歩調も考えた」と推薦理由を述べました。

また尾花氏も「今までの行政活動を評価してもらえて光栄だ」と話しました。

民主党県連によりますと、今月19日に尾花氏から推薦願が出され、きょう(22日)開いた常任幹事会では一部反対意見が出たものの推薦を決めたということです。

民主党県連は来週月曜日にも尾花氏との間で政策協定を結ぶ予定です。

尾花氏のほか、和歌山市長選挙には、前和歌山市議会議員の遠藤富士雄(えんどう・ふじお)氏66歳と、元和歌山県議会議員の浜田真輔(はまだ・しんすけ)氏52歳の2人が立候補を表明していますが、民主党県連への推薦願は提出されなかったということです。