みなべ町で梅の花が満開に(写真付)

2014年02月22日 14時56分 ニュース, 社会, 経済

日本一の梅の産地・みなべ町では、梅の花が満開の季節を迎えていて、観光梅林には観梅客が多く訪れ、物産販売所では梅干しなど梅加工品などの品定めをする人たちで賑わっています。

満開の梅の花(南部梅林)

満開の梅の花(南部梅林)

全国の4分の1といわれる梅畑が広がる日本一の梅産地、みなべ町では、「一目百万・香り十里」で知られる南部(みなべ)梅林や、山地を切り開いた広大な梅畑を一望できる岩代(いわしろ)大梅林など、町内で栽培されている梅の花が満開に咲き誇り、甘い香りを放っています。

満開の南部梅林

満開の南部梅林

今年は、今月(2月)初めの陽気で、梅の開花が早まりましたが、その後は気温の低い日が多く、例年よりやや遅い今月下旬になってようやく満開となりました。観梅客にとってはいつもの年より長く花が楽しめている反面、梅農家では、受粉を担うミツバチが活発に活動する気温に届かない日が多く、気を揉んでいます。

満開の岩代大梅林

満開の岩代大梅林

南部梅林・岩代大梅林ともに、観梅客の受け入れは来月(3月)上旬までとなっていて、各梅林とも土曜・日曜にはイベントも行われます。