妻を殺害した男を殺人罪で起訴

2014年02月27日 18時47分 ニュース, 事件・事故・裁判

自宅で妻を殺害したとして殺人の罪で今月(2月)6日に逮捕されていた64歳の男について、和歌山地方検察庁はきのう(26日)、この男を殺人罪で起訴しました。

起訴されたのは和歌山市三沢町の無職、長井洋二(ながい・ようじ)被告64歳です。

起訴状によりますと長井被告は、去年(2013年)1月8日から9日にかけて、妻の裕子(ゆうこ)さん当時62歳の首を圧迫し、殺害したとされています。

和歌山県警察本部捜査一課によりますと裕子さんに目立った外傷はありませんでしたが、司法解剖の結果、首に圧迫痕が見つかったことで、殺人事件として捜査し、今月6日、裕子さんの夫の洋二被告を逮捕していました。