「わかやまし社協まつり」 3月9日開催

2014年02月28日 18時29分 ニュース

市民に福祉について知ってもらおうという「わかやまし社協まつり」が、3月9日、和歌山市で開かれます。

これは、市民やボランティア、福祉関係団体が、一緒に福祉について考える機会をつくって、誰もが安心して暮らせる福祉のまちづくりを目指そうと、和歌山市社会福祉協議会が開くもので、今年で7年目となります。

当日は、協議会の活動を知ってもらうためのパネル展や、障がい者の作品を展示したアート展が開かれるほか、ふれあいステージでは、地元中学生による吹奏楽の演奏やマジックショー、障がい者コーラスなどが行われます。

ほかにも、ヨーヨー釣りなどの縁日を設けた、こどもフロアや手づくりパンなどの模擬店もあり、イベントの終盤には、温泉旅行など豪華賞品が当たる大抽選会が行われます。

「わかやまし社協まつり」は、3月9日、午前10時半から午後3時半まで和歌山市あいあいセンターで開かれます。