カクテル梅酒「FRAISE」 中野BCから3月2日発売

2014年02月28日 19時13分 ニュース

イチゴを使ったカクテル梅酒「FRAISE(ふれいず)」が来月(3月)1日から販売される事になりました。

この商品はおよそ35種類の梅酒を製造販売している海南市の中野BCが女性社員から提案のあった、「ホワイトデーに欲しい商品」をテーマに企画したもので、紀の川市で栽培された、和歌山県独自の品種「まりひめ」を朝摘みし、その日のうちに手作業でピューレ状になるまで裏ごししてから梅酒に加えています。

梅酒といちごを合わせる作業なども実際に行った女性社員らは、「一瓶におよそ90グラムの果肉が入っているので、飲むと、スイーツのような味わいで、もぎたてのイチゴの甘酸っぱさが口の中に広がります。無料で化粧箱もつくので、ホワイトデーのお返しや、女子会での手土産などにもオススメです」とアピールしています。

 

イチゴを使ったカクテル梅酒「FRAISE(ふれいず)」は、来月(3月)1日から、1本1500円で販売されます。

限定500本でインターネットでも注文できます。