串本町で16日NEC選手によるタグラグビー教室

2014年03月14日 18時05分 ニュース, 社会

あさって(16日)串本町(くしもとちょう)のサンナンタンランドで、ラグビーのトップリーグ「NECグリーンロケッツ」の選手による小・中学生を対象にしたタグラグビー教室が開かれ、主催する串本町と町の教育委員会では、多くの子どもの参加を呼びかけています。

サンナンタンランドは、来年(2015年)開かれる「紀の国わかやま国体」の、7人制ラグビー成年男子の会場となっていて、地元の串本町では、町民や子どもたちに国体やラグビーへの関心を高めてもらおうと、県・ラグビーフットボール協会の後援で、ラグビートップリーグの選手を招いてのタグラグビー教室を開くことになりました。

当日は、NECグリーンロケッツのセンター・櫻谷勉(さくらや・つとむ)選手やフッカーの川村慎(かわむら・しん)選手らが、小・中学生らに、タックルのかわりに、ボールを持った選手の腰に結びつけたタグを取るタグラグビーを指導し、実際に子どもたち同士での交流試合を行います。

そのあと、NECグリーンロケッツと、和歌山県選抜チームによる7人制ラグビーのデモンストレーション試合が行われ、来年の国体本番の雰囲気を楽しむことが出来ます。

さらに、NECの選手とのサイン会や握手会のほか、紀南の高校ラグビー部の選手への指導も行われる予定です。

この催しは、あさっての午前9時から串本町サンゴ台のサンナンタンランドで行われます。参加は無料です。

またタグラグビー教室に参加する小・中学生の申し込みも受け付けています。

詳しくは串本町教育課に問い合わせてください。

電話番号は0735(62)0021番です。