「きのくに川の日絵画コンクール巡回展」 きょうから新宮市で開催

2014年03月21日 18時06分 ニュース

和歌山県民に川の大切さを理解してもらおうという「きのくに川の日絵画コンクール」の巡回展がきょう(3/21)から新宮市の大型ショッピングセンターで開かれています。

このコンクールは、和歌山県が平成11年度から毎年開いているもので、今回で15回目です。

コンクールには、県内143の小中学校からあわせて1209点の応募があり、きょう午前10時から、新宮市佐野にあるスーパーセンターオークワ南紀店での巡回展が始まりました。

この巡回展には、入賞作品104点のうち、最優秀、優秀、入選のあわせて64点が展示されていて、会場となっている1階催事場を訪れた人たちは、紀の川や熊野川など、県内各地のさまざまな川を描いた作品に見入っていました。

この巡回展はあさって(3/23)日曜日まで新宮市佐野のスーパーセンターオークワ南紀店で開かれています。