和歌山市役所内にコンビニエンスストアがオープン(写真付)

2014年03月31日 18時45分 ニュース, 社会

和歌山県内の市町村役場内では初ねてのコンビニエンスストアがきょう(31日)、和歌山市役所内にプレオープンしました。

新しくオープンした和歌山市役所内のコンビニエンスストア(3月31日 和歌山市役所にて)

新しくオープンした和歌山市役所内のコンビニエンスストア(3月31日 和歌山市役所にて)

和歌山市役所1階にプレオープンした「サークルKミニ和歌山市役所店」は、通常より面積が小さい店舗には、およそ60平方メートルの店舗内にお弁当やプライベートブランドのお菓子のほか、切手や印紙など以前の市役所の売店で取り扱っていたものも含めて常時800~1000品目の商品が陳列されています。

プレオープンに先立ち、きょう午前11時半から市役所1階の玄関でオープニングセレモニーが行われ、サークルKサンクスの齋藤泰壽(さいとう・やすとし)取締役や和歌山市の大橋建一(おおはし・けんいち)市長が挨拶したあと、関係者でテープカットが行われました。

テープカットを行う大橋市長や齋藤取締役ら(3月31日 和歌山市役所にて)

テープカットを行う大橋市長や齋藤取締役ら(3月31日 和歌山市役所にて)

セレモニーのあと、店は正午から2時間限定でプレオープンし、大橋市長や市民らが買い物を楽しみました。

買い物を楽しむ大橋市長(3月31日 和歌山市役所にて)

買い物を楽しむ大橋市長(3月31日 和歌山市役所にて)

大橋市長は「品揃いも工夫されているし、観光客にとっても嬉しいのではないかと思います。また、職員にとってもすぐに買い物に来ることができるので便利だと思います」とコンビニエンスストアの完成を喜びました。

また、市役所の職員や市民は「非常に便利になると思います。普段、昼食はお弁当を買いに行っていますが、庁舎内にできたので非常にありがたいです」や「ノドが乾いたり、お腹がすいたときに外に出なくていいので便利だと思います。市民も買い物がしやすいと思います」とこちらも完成を喜んでいました。

営業時間は午前7時半から午後9時までで、あすから原則年中無休で営業するということです。