紀の国わかやま国体協賛企業に感謝状(写真付)

2014年04月04日 18時29分 ニュース, 社会

来年(2015年)の紀の国わかやま国体・紀の国わかやま大会で物資の提供などを行うオフィシャルサプライヤーに新たに2つの企業が決まり、きょう(4日)午前、寄附金を寄せた企業と共に和歌山県の仁坂吉伸(にさか・よしのぶ)知事からそれぞれ感謝状が贈られました。

夏山組の夏山社長(左)に感謝状を手渡す仁坂知事(4月4日 県庁知事室にて)

夏山組の夏山社長(左)に感謝状を手渡す仁坂知事(4月4日 県庁知事室にて)

今回、オフィシャルサプライヤーに加わったのは、新宮市に本社がある建設業夏山組と東京に本社がある果物輸入販売業ユニフルーティージャパンの2社です。

それぞれの企業は、花いっぱい運動用のプランターや障害者スポーツの競技用具を提供します。

また、新宮市の鋼材業関三吉商店と串本町の土木業小森組は、大会運営にあたる「きぃちゃん募金」に100万円以上寄附しました。

きょう午後2時から県庁知事室で行われた贈呈式では、それぞれの企業の代表者から仁坂知事に目録が手渡され、知事からは、感謝状と国体マスコットきいちゃんのぬいぐるみ、それに、国体イメージソング「明日へと」のCDを贈りました。

これで国体オフィシャルサプライヤーはあわせて53の企業と団体となり、国体実行委員会では、引き続き、国体運営を支える企業や団体を募っています。