潮岬で25メートル超の強風 JR紀勢線ストップ

2014年04月04日 18時30分 ニュース

きょうの和歌山県は、強い風が吹く一日となり、串本町では、JR紀勢線の電車が強風のため、ストップしました。

和歌山地方気象台によりますと、串本町潮岬できょう午後3時4分に最大瞬間風速25・9メートルを観測したほか、和歌山市でも午後1時31分に20・8メートルを観測しました。

こうした中、JR紀勢線の串本駅と紀伊有田駅の間にある風速計が、毎秒25メートルの規制値を越えたため、午前11時半頃からおよそ1時間にわたって串本駅と和深駅の間で列車の運転がストップし、後続の上下4本、およそ300人の利用客に影響が出ました。

また、大阪・堺市の南海電鉄・高野線では、堺市の北野田駅構内で、風にあおられたビニールが架線に引っかかり、列車が現場にストップしたままになって、上下81本のおよそ2万2千人に影響が出ました。