海南市が地方自治推進に協力した23人を表彰(写真付)

2014年04月30日 19時16分 ニュース, 社会

海南市の地域防災活動や社会福祉などに貢献した人を表彰する式典がきょう(30日)午前、海南市で行われました。

受賞者を表彰する神出市長(右)(4月30日 海南保健福祉センターにて)

受賞者を表彰する神出市長(右)(4月30日 海南保健福祉センターにて)

この表彰は海南市の市制施行日にあわせて海南市の地域防災活動や社会福祉に貢献した人を表彰するもので、ことし(2014年)は元市議会議員や民生児童委員らあわせて23人が表彰されました。

きょう午前10時から海南市日方の海南保健福祉センターで行われた表彰式では、海南市の神出政巳(じんで・まさみ)市長から受賞した人たちにそれぞれ表彰状と記念品が手渡されました。

あいさつで神出市長は「海南市は防災減災対策への取り組みや新庁舎移転など大きな課題が山積していて、次の5年間が海南市の将来を左右するという覚悟の下、全力を挙げています。受賞された方々にも今後、力を貸していただきたい。」と述べました。

受賞者を代表してあいさつした松尾一郎(まつお・いちろう)さんは「このように表彰を受けたのも一緒に活動した仲間のおかげです。今後、海南市の発展に協力出来るよう頑張ります」と述べました。