春の近畿高校野球県予選、智辯和歌山が優勝

2014年05月11日 14時58分 ニュース

春の近畿高校野球和歌山県予選の決勝がきょう(11日)、和歌山市の県営紀三井寺球場で行われ、智辯和歌山が5対0で田辺を下して、2年ぶり8回目の優勝と近畿大会出場を決めました。

近畿大会は、今月(5月)24日から京都市のわかさスタジアムで開かれます。

また、県予選でベスト4になった智辯和歌山と田辺、箕島、それに、高野山は、7月11日から県営紀三井寺球場で開幕する甲子園出場をかけた夏の高校野球和歌山大会のシード校になります。