ホッキョクグマ死ぬ 白浜アドベンチャーワールド 

2014年05月21日 14時11分 ニュース, 社会

白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」はきのう(5/20)、4歳の雌のホッキョクグマが死んだと明らかにしました。

アドベンチャーワールドによりますと、このホッキョクグマは、人間でいえば、12歳の育ち盛りで、今月16日の正午頃、水中に沈んで動かないのを飼育員が見つけました。

直前まで元気に泳いでいたということで、施設が死因を調べています。

このホッキョクグマは、人なつっこさが人気で、施設によりますと、2009年に生まれ、愛媛県の「とべ動物園」に次ぎ、全国2例目の人工保育に成功していました。