和大の衛星を乗せH2Aが打ち上げ 和歌山市内でPV(写真付)

2014年05月24日 15時01分 ニュース, 社会

和歌山大学などのチームが開発した超小型衛星を積んだH2A(エイチ・に・エー)ロケットが、きょう(24日)正午過ぎ、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられました。また、これにあわせて、打ち上げる様子のパブリックビューイングが和歌山市内のショッピングセンターで行われました。

打ち上げの瞬間、拍手をして見守る人たち(5月24日 イオンモール和歌山にて)

打ち上げの瞬間、拍手をして見守る人たち(5月24日 イオンモール和歌山にて)

ロケットの打ち上げにあわせてきょう午前11時から和歌山市中のイオンモール和歌山1階で行われたパブリックビューイングには、JAXAの関連団体である日本宇宙少年団和歌山分団に所属する小学4年~中学1年までの児童・生徒14人のほか、買い物客などあわせておよそ300人が打ち上げの瞬間を見守りました。

予定通り12時5分にロケットが打ち上げられ、12時21分にJAXAから打ち上げ成功が発表されると、集まった人からは拍手が起きていました。

打ち上げを見守った和歌山大学観光学部の准教授で宇宙教育研究所の中串孝志(なかくし・たかし)副所長は「ロケットの打ち上げを見る興奮をみなさんと共有できたことが嬉しかったです。和歌山大学としては宇宙を通じて、人と人との付き合いを作っていくなど、宇宙との新しい関わり方を提示していきたいです」と話していました。

宇宙航空研究開発機構・JAXAや和歌山大学などによりますと、打ち上げられたロケットには、和歌山大学が代表を務め、東京大学やJAXAなど9つの機関でつくるUNIFORM(ユニフォーム)プロジェクトが開発した、50センチ四方で重さ50キロの超小型衛星も搭載され、地上からおよそ628キロ上空を飛び、熱センサーで海外での森林火災などをいち早く感知することができるということです。

和歌山大学が関わって製作した衛星が打ち上げられるのは今回が2例目です。