県高校軟式野球春季大会が開幕

2014年05月24日 17時25分 ニュース

春の近畿高校軟式野球大会県予選が、きょう(24日)から和歌山市の県営紀三井寺球場で始まり、初日のきょう(24日)は1回戦2試合が行われました。

第1試合の新宮対串本古座は7回コールド11対0で新宮、第2試合の桐蔭対南部は4対2で南部がそれぞれ勝ちました。あす(25日)も県営紀三井寺球場で準決勝の2試合が予定されていて、第1試合は正午から向陽対新宮、続く第2試合は南部対耐久のカードで行われます。

決勝戦はあさって(26日)行われ、優勝チームは、今月31日から奈良県橿原市の佐藤薬品スタジアムで行われる春季高校軟式野球大会の県代表として出場します。