和歌山県経営者協会・次期会長にセイカグループの竹田純久氏(写真付)

2014年05月27日 18時25分 ニュース, 経済

和歌山県経営者協会の細江美則(ほそえ・よしのり)会長の後任に、セイカ株式会社・代表取締役社長で経営者協会・副会長の竹田純久(たけだ・よしひさ)氏61歳が就任しました。

あいさつする竹田新会長(5月27日・ダイワロイネットホテル和歌山にて)

あいさつする竹田新会長(5月27日・ダイワロイネットホテル和歌山にて)

これは、きょう(27日)午後、和歌山市のダイワロイネットホテル和歌山で開かれた第76回定時総会で承認されたものです。

新しい会長となった竹田氏は、慶應義塾大学を卒業後、三井物産の勤務を経て、和歌山市のセイカ商事(現セイカ株式会社)に入社し、1996年から、セイカ株式会社や、グループの和歌山精化工業株式会社などの代表取締役社長を務めています。

きょうの定時総会で、2期4年務めた大洋工業社長の細江会長が退任して顧問に就任し、後任の第41代県経営者協会・会長に、竹田氏が選出されました。

竹田会長は「細江前会長の時代からの課題であるグローバル競争時代への企業の対応力強化や、経営環境の変化に対応した人事・労務施策の強化などに継続して取り組み、行動する経営者協会を目指す」と抱負を語りました。

また、新しい役員人事では、株式会社・大黒(だいこく)の堀井孝一(ほりい・こういち)社長が、新たに副会長に就任しました。

アントレプレナー賞を受賞する大黒の堀内社長

アントレプレナー賞を受賞する大黒の堀井社長

このあと、昨年度(2013年度)独創性と市場性を兼ね備えた新しいビジネスを展開した企業を表彰する「アントレプレナー大賞」の表彰式が行われ、和歌山市の株式会社大黒が受賞しました。

また、地域経済の発展に努力する女性経営者を讃える「キラリ!輝く女性ビジネス大賞」には、和歌山市のスターフードジャパン株式会社の新古祐子(しんこ・ゆうこ)代表取締役が選ばれました。