黄砂に注意!和歌山県で30日から31日にかけて

2014年05月30日 18時54分 ニュース, 社会, 防災

和歌山地方気象台はきょう(5/30)、和歌山県内で黄砂が観測されていて、あすにかけて、見通しの悪い状態が続くとして注意を呼びかけています。

和歌山地方気象台によりますと、近畿地方の広い範囲で黄砂が観測されていて、和歌山市でも、見通しがきく距離が9キロに低下しました。

このため、気象台は、屋外では、ところにより黄砂が付着するなどの影響が予想され、今後さらに視界が悪くなり、見通しの利く距離が5メートル未満になった場合には、交通への障害が発生する恐れがあるとして注意を呼びかけています。