金剛峯寺で朗読コンサート、夢枕獏さん

2014年06月01日 09時51分 ニュース

高野山の金剛峯寺(こんごうぶじ)できのう(31日)、小説「陰陽師(おんみょうじ)」シリーズで知られる作家・夢枕獏(ゆめまくら・ばく)さんによる朗読コンサート「空海(くうかい)・生命(いのち)の海」が開かれ、参加者およそ160人が聞き入っていました。

これは、高野山が、来年(2015年)開創(かいそう)1200年を迎えることから、金剛峯寺が記念プレイベントとして企画し、普段、非公開の奥殿(おくでん)座敷を使って初めて開かれました。

午後6時すぎ、夢枕さんが、自身の著作「沙門(しゃもん)空海唐(とう)の国にて鬼と宴(うたげ)す」から3つの章を朗読、サックスや民俗楽器などによる伴奏も加わり、奥殿は、神秘的で荘厳な雰囲気に包まれました。

大阪・堺市の56才の男性は、「すばらしい。夢枕さんの声と音楽が高野山にぴったり合っている」と話していました。