和県内3か所で真夏日 高野山で今年最高29・6度

2014年06月02日 18時37分 ニュース, 社会

きょうの和歌山県内は、高気圧に覆われて気温が上がり、有田川町清水などで30度を越えて真夏日となり、高野山でも今年になって最高となる29・6度を観測しました。

和歌山地方気象台によりますと、きょうの和歌山県内は、高気圧に覆われて朝から気温が上がり、有田川町清水で今年最高の31・5度となり2日連続の真夏日となったのをはじめ、かつらぎ町と田辺市龍神村でも30度を越えて3日連続の真夏日となりました。

高野山でも平年より8度以上高い29・6度まで気温が上がり、今年最高となりましたが、西側から雲が広がってきたため、和歌山市は、日射時間が短く、平年よりやや高い27・5度にとどまりました。