プチ・高野山カフェ、1日限定で29日に

2014年06月06日 19時07分 ニュース

都内で、気軽に、世界遺産・高野山が体験できる「プチ・高野山カフェ・イン・東京別院」が今月29日、東京・高輪(たかなわ)の高野山東京別院で、開催されます。

これは、高野山真言宗(しんごんしゅう)・総本山金剛峯寺(そうほんざん・こんごうぶじ)と南海電鉄が、気軽に高野山を体験できる人気イベント「高野山カフェ」をより多くの人に知ってもらい、楽しんでもらおうと開催するものです。

「プチ・高野山カフェ」では、真言宗の瞑想法(めいそうほう)「阿字観(あじかん)」体験ができるほか、金剛峯寺の僧侶による高野山の歴史や楽しみ方、開創(かいそう)1200年記念大法会(だいほうえ)などの話を聞き、人気の「精進弁当(しょうじんべんとう)」が食べられます。このほか、会場では、夏の高野山への「旅行案内」や、「高野山のお土産コーナー」も設けられるということです。

プチ・高野山カフェ・イン・東京別院は今月29日の1日限定で、午前10時からと午後3時半からの2回行われ、定員は、それぞれ50人で、参加費は1人3800円です。参加希望者は、申し込みが必要で、高野山カフェ公式ホームページで、今月9日正午から受付が始まります。