「桃ほのかジンジャ」7月から郵便局で限定販売(写真付)

2014年06月26日 18時50分 ニュース, 社会

地元・和歌山の特産品の新しょうがや、ジンジャエールを組み合わせた、JAわかやまの「Wakayamaジンジャーエール」の新商品が、来月(7月)1日から和歌山をはじめ近畿各地の郵便局で販売されます。

「桃ほのかWakayamaジンジャーエール」は7月から郵便局で販売

「桃ほのかWakayamaジンジャーエール」は7月から郵便局で販売

 

新商品は、女性を中心に、幅広い年代をターゲットにした「桃ほのかWakayamaジンジャーエール」で、爽やかな桃の香りや口当たりの良い甘みが特徴です。また、ピンク色のしずくがほどこされたパッケージも清涼感があふれ、暑い夏にぴったりの商品になっています。

きょう(26日)午後4時から、和歌山市栗栖(くるす)のJAわかやま本店で開いた会見で、JAわかやまの川口順弘(かわぐち・よしひろ)代表理事組合長は「幅広い年代の人が飲みやすい、フレッシュで優しい味わい」とPRしました。

「桃ほのかWakayamaジンジャーエール」は、来月(7月)1日から9月30日まで、近畿各地のおよそ3000の郵便局で販売されます。