大相撲名古屋場所14日目 幕下・海龍は5勝目

2014年07月26日 19時24分 ニュース, 社会

愛知県体育館で開かれている大相撲名古屋場所は、きょう(26日)14日目が行われ、取り組みのあった海南市出身で幕下の海龍(かいりゅう)は、押し出しで勝って5勝2敗とし、大きく勝ち越して今場所を終えました。

あす(27日)の千秋楽は、和歌山市出身で現在1勝5敗の幕下・久之虎(ひさのとら)が、紀の川市出身で現在2勝4敗の三段目・千代雷山(ちよらいざん)が、それぞれ最後の白星を懸けて臨みます。

このほか、三段目で御坊市出身の栃乃島(とちのしま)は、きのう(25日)初白星を挙げ、1勝6敗で今場所の取り組みを終えています。