ブルーシールアイスがリニューアル・和歌山市田屋に「サンズ珈琲」8日オープン(写真付)

2014年08月06日 19時33分 ニュース, 社会, 経済

和歌山市の国道24号バイパス沿いにあった「ブルーシールアイスクリーム和歌山店」が、あさって(8日)メニューの幅を広げ「サンズ珈琲(コーヒー)」としてリニューアルオープンすることになり、きょう(6日)関係者向けに試食会が開かれました。

8日にオープンする「サンズ珈琲」(8月6日・和歌山市田屋にて)

8日にオープンする「サンズ珈琲」(8月6日・和歌山市田屋にて)

店内のようす

店内のようす

サンズ珈琲は、もとは沖縄で人気のブルーシールアイスクリームのフランチャイズ店として、3年前の2011年12月、和歌山市田屋(たや)にオープンしましたが、およそ半年前にいったん閉店し、より広い客層を取り込もうとリニューアルを行い、あさって、サンズ珈琲として、同じ場所であらたにオープンすることになりました。

パンケーキとアイス

パンケーキとアイス

これまでのブルーシールアイスやクレープに加え、フルーツやアイスクリームをトッピングしたパンケーキやハニートーストなどのスイーツが充実したほか、ロコモコやモーニングメニューなど食事のメニューも加わっています。

さらにコーヒーもオリジナルブレンド豆を使用して、より香ばしい味わいになっています。

きょう午後、関係者らを招いての試食会が開かれ、来場者がパンケーキやアイスコーヒーなどを味わっていました。

松原店長

松原店長

サンズ珈琲の松原聖(まつばら・さとし)店長は「デザートの種類を豊富にしました。ブルーシールアイスをトッピングに使用できる強みを活かしたい」と意気込みを語りました。

サンズ珈琲は、あさって午前9時、和歌山市田屋の国道24号バイパス沿いにオープンします。