田辺で証券購入巡る特殊詐欺 被害額は150万円

2014年08月09日 19時07分 ニュース, 事件・事故・裁判

証券購入をめぐるトラブルを解決するという名目で、田辺市の60代の女性が現金あわせて150万円をだまし取られる事件があり、田辺警察署が特殊詐欺として捜査を始めました。

警察によりますと、田辺市の60代の女性は、先月(7月)29日の正午ごろ、自宅にラクテン証券のオオアサを名乗る男から「テラシマエンジニアリングの証券を買わないか」との電話がありました。

女性は一旦断りましたが、翌日「テラシマエンジニアリングのササキ」と名乗る男から「あなたの名義で1000万円分の契約が済んでおり、支払いもされている」という電話があり、さらに「購入手続きに違反があった。解決のためには現金を用意しなければ、資産が差し押さえられる」などと言われ、女性は郵便小包を使って3回にわたり、現金合わせて150万円を送ったということです。

報道で同じ手口の特殊詐欺があったことに、不安を感じた女性が証券会社に電話したところ、詐欺ではないかと言われ、きのう(8日)警察に相談したということです。

田辺警察署は、特殊詐欺事件として捜査を開始するとともに「レターパックや宅配便で現金を送るよう求められるのは、全て詐欺です」と、注意を呼びかけています。