紀の川市で81歳の男性が振り込め詐欺被害 被害額は308万円

2014年08月09日 19時01分 ニュース, 事件・事故・裁判

紀の川市貴志川町の81歳の男性が、先物取引の損失補てん名目に、現金あわせて308万円を奪われました。岩出警察署は、振り込め詐欺事件として捜査を始めました。

警察の調べによりますと、紀の川市貴志川町の無職の81歳の男性の自宅に、今月(8月)5日の午前10時ごろ、タナカと名乗る男から、以前、男性が先物取引で損失を出したことを引き合いに出して「払い戻しが2400万円ある。保証金として72万円が必要で、半分の36万円を振り込んでほしい」という電話がありました。男性は、翌日、指示に従い相手が指定した口座に現金36万円を振り込みました。

そして今月7日の午前10時ごろ、「タナカの上司でサエキ」と名乗る男から「72万円を振り込んでほしい」との電話があり、男性は同じ口座に72万円を振り込み、さらに次の日にも同様の電話を受け、現金200万円を振り込んだということです。

その後、追加の振り込みを指示された男性が金融機関で手続きをしようとしたところ、職員が振り込め詐欺に気付き、男性がきょう(8日)警察に相談したものです。被害総額は、3回の振り込み合わせて308万円です。

岩出警察署が振り込め詐欺事件として捜査を始めています。