土砂崩れの由良の国道42号で復旧工事・こんや(14日)通行止めに

2014年08月14日 08時01分 ニュース, 交通, 防災

先週末和歌山県に接近した台風11号の大雨のため、由良(ゆら)トンネルの出入り口付近で土砂崩れが発生し、現場が片側交互通行になっている国道42号で、2車線を確保するための緊急工事が行われることになり、こんや(14日)8時から翌朝(15日)の8時まで通行止めになります。

通行止めとなるのは、国道42号・由良町里(ゆらちょう・さと)の入路(にゅうじ)交差点から日高町池田(ひだかちょう・いけだ)の萩原(はぎわら)交差点までの3・3キロです。

国土交通省・和歌山河川国道事務所は、「お盆のUターンラッシュのピークを今週末に控え、交通渋滞への影響が懸念されるため、緊急工事を行う」と理解を求めるとともに、工事期間中は、国道と並行し広川町(ひろがわちょう)と日高川町(ひだかがわちょう)を結ぶ県道などへう回するよう呼びかけています。