お盆・きょう(14日)の主な行事予定

2014年08月14日 14時57分 ニュース, 社会

和歌山県内で、きょう(14日)これから行われる主な行事予定です。

有田川町(ありだがわちょう)金屋(かなや)地区の小川(おがわ)小学校では「第17回おがわ まったいまつり」が行われます。

「まったい」とは「ものすごい」という意味の地元の方言で、地域の人々がお盆の宵に楽しく集う祭りです。

ことし(2014年)も夜店が立ち並び、地元の保育園の園児たちによる盆踊りやバンド演奏、歌謡ショーなどが繰り広げられるほか、午後9時からは「日本一小さい花火大会」もあります。

「おがわ まったいまつり」は、きょう(14日)夕方4時半からよる9時05分まで、有田川町立小川小学校で開かれます。

太地町(たいじちょう)では、午後8時からおよそ600発の花火が夜空を彩る「盆供養花火大会」が行われ、また午後8時50分ごろからは、柱にくくりつけたワラのかごへ松明を投げて燃やす供養行事「柱松(はしらまつ)」が行われるのに続き、最後は、県の指定無形文化財に登録されている「鯨踊り」が披露され、古式捕鯨発祥の地・太地の伝統を現代に伝えます。