和歌山キワニスクラブが岩出の保育所に絵本を贈呈(写真付)

2014年08月19日 19時18分 ニュース, 社会

園児に絵本を読んでもらい、創造力を高めてもらおうと、岩出市の保育所できょう(19日)午前、絵本の贈呈式が行われました。

園児の代表に絵本を贈る和歌山キワニスクラブの田中会長(右端)ら(8月19日 岩出市立上岩出小学校にて)

園児の代表に絵本を贈る和歌山キワニスクラブの田中会長(右端)ら(8月19日 岩出市立上岩出小学校にて)

これは、和歌山キワニスクラブが3年前から県内各地の幼稚園や保育所に絵本を贈っているもので、ことし(2014年)は岩出市立上岩出保育所と岩出市の私立しらゆり保育園に絵本あわせておよそ160冊を贈りました。

きょう午前11時から岩出市立上岩出保育所で行われた贈呈式では、和歌山キワニスクラブの田中宣人(たなか・のりひと)会長が、園児の代表2人に絵本を贈りました。

贈呈式のあと、園児らは贈られた絵本を嬉しそうに読んでいました。

興味深そうに絵本を読む園児ら(8月19日 岩出市立上岩出保育所にて)

興味深そうに絵本を読む園児ら(8月19日 岩出市立上岩出保育所にて)

田中会長は「園児らに絵本を読んでもらい、創造力を伸ばしてほしいという想いで絵本を贈りました。園児も絵本に興味を持っているようだったので、良かったです」と話していました。

また、上岩出保育所の山本冨美子(やまもと・ふみこ)所長は「今回、たくさんの本を贈ってもらい、ありがたいです。大切に使いたいです」と話していました。

和歌山キワニスクラブでは今後も、県内各地の幼稚園や保育所に絵本を贈る活動を続けることにしています。