孫市の街!「市駅夏まつり」きょう夕方スタート

2014年08月23日 12時58分 ニュース, 社会

「雑賀孫市」と雑賀衆をシンボルキャラクターに、地域ぐるみのさまざまな催しが楽しめる「市駅夏まつり」が、きょう(23日)夕方から、和歌山市の南海和歌山市駅前広場などで開かれます。

まつりは、午後4時半に、紀州雑賀鉄砲衆の鉄砲演武から始まり、黒潮躍虎太鼓のほか、鷺森幼稚園や城北小学校など地元の子供達の演奏会やミニ・コンサートなどが市駅前広場のメインステージで行われます。また市駅周辺では、障がい者福祉施設の自主製品を販売するコーナーや、地域の団体による趣向を凝らした模擬店が設けられます。

そして、午後8時すぎには、人気お笑いコンビ「テンダラー」らが出演する吉本お笑いライブも予定されています。

「市駅夏まつり」は、きょう(23日)午後4時半から午後9時まで、和歌山市の南海和歌山市駅前広場周辺で開かれます。