高島屋和歌山店、最終日(写真付)

2014年08月31日 11時05分 ニュース, 経済

和歌山市の南海和歌山市駅ビルにある高島屋和歌山店で、きょう(31日)、最終日の営業が行われています。

最終営業日、開店前に行列(高島屋和歌山店、31日午前10時前)

最終営業日、開店前に行列(高島屋和歌山店、31日午前10時前)

高島屋和歌山店は、1973年5月に開店し、ピーク時の1991年度には65億円を売り上げましたが、昨年度(2013年度)には22億円まで落ち込み、最近は厳しい営業状況が続いていました。

最終日のきょうは、午前10時の開店前に行列ができていました。

きょうは、午後6時までの営業で、最後にセレモニーを行って、41年3か月余りの歴史を終えます。

高島屋は大阪市に本社を置く百貨店大手で、地方店の閉店は、1999年3月の岡山県津山市(つやまし)の津山店以来となります。