オークワセントラルシティ、9月4日オープン

2014年08月31日 13時03分 ニュース, 経済

和歌山市小雑賀(こざいか)の通称・国体道路沿いに、来月(9月)4日、オークワのスーパーセンター形式の20店舗めとなるセントラルシティ和歌山店がオープンします。

新店舗は、5万4千平方メートルの敷地に、鉄骨平屋建てのワンフロア、およそ1万6千平方メートルの売り場に、食料品のほか、衣料品や住居用品などを揃え、毎日午前9時から深夜0時まで営業します。駐車スペースは千台以上を備え、年商38億円を見込んでいます。

来月3日にプレオープン、翌4日にグランドオープンを予定していて、両日とも午前9時に開店、深夜0時まで営業します。

この場所は、去年(2013年)7月末で32年の歴史に幕を下ろしたスーパーダイエー和歌山店の跡地で、1年1か月ぶりに新たに大型スーパーがオープンすることになります。