あらぎ島キャンドルライトイルミネーション、6日に

2014年09月04日 19時25分 ニュース

有田川町清水(しみず)の丸い棚田「あらぎ島(じま)」で、あさって(6日)の夜、1700本の竹灯籠を灯(とも)すキャンドルライトイルミネーションが行われます。

これは、地元の若手有志でつくる「紀清(きせい)の集(つど)い」が、秋篠宮妃殿下(あきしののみやひでんか)・紀子(きこ)さまゆかりの地として、悠仁(ひさひと)さまの誕生を機に始めた催しで、毎年、お祝いの意味を込めて、9月6日の誕生日に開催しています。

この日は、午後6時半から、あらぎ島を見下ろす、対岸の三田(みた)展望所で、開会式と点火式が行われ、午後9時まで、およそ1700本の手づくりの竹灯籠にろうそくを灯し、悠仁さまの8歳の誕生日を地域をあげて、お祝いします。

あらぎ島は、有田川上流域の蛇行(だこう)によってできた地形に、江戸時代に開墾(かいこん)された棚田で、県内で唯一指定されている「国の重要文化的景観」の中心となるもので、日本の棚田百選にも選ばれるなど、四季折々に美しい景色をみせる場所として知られています。