仁川・アジア大会カヌー男子 和県教委・阪本選手が銀メダル 

2014年09月29日 18時51分 スポーツ, ニュース, 社会

仁川(インチョン)・アジア大会は、きょう(9/29)、カヌーの男子スプリント・カナディアンシングル200メートルで、和歌山県教育委員会の阪本直也(さかもと・なおや)選手が、39秒654で銀メダルを獲得しました。

仁川のアジア大会で、和歌山県勢は、これまでにボウリング男子の「トリオ戦」で和歌山県教育委員会の和田翔吾(わだ・しょうご)選手のいるチーム、「日本A」が金メダルを獲得したほか、海南高校出身の山本耕平(やまもと・こうへい)選手が、競泳男子・1500メートル自由形で銀メダル、和歌山北高校出身の西岡詩穂(にしおか・しほ)選手が、フェンシング・女子フルーレ団体で銅メダル、和歌山県庁の窪木一茂(くぼき・かずしげ)選手が、自転車の男子4000メートル団体追い抜きで、銅メダルをそれぞれ獲得しています。