和歌山市の9月定例議会 原案通り全て可決

2014年10月09日 18時55分 ニュース, 政治

総額およそ4億4700万円の一般会計補正予算案などを審議する和歌山市の9月定例議会がきょう(9日)、最終日を迎え、一般会計予算案などあわせて18件が原案通りすべて可決され、閉会しました。

このうち補正予算案では、まちなか再生に向けて街中(まちなか)居住を研究する事業におよそ710万円、国土強靭化地域計画の策定におよそ120万円、ことし(2014年)7月19日の落雷や8月10日の台風11号の災害復旧におよそ7000万円が計上されています。

きょうの本会議では、この議会に提案された18件に加え、議員から「『危険ドラッグ』の根絶に向けた総合的な対策の強化を求める意見書」を政府に提出することが発議され、原案通り可決されました。